軽貨物

自分に合った案件とは

スポンサーリンク

どんな案件から始めればいいんだろう・・・

軽貨物での仕事を始めるにあたり、まずどんな案件が自分に合っていそうか、そしてどんな案件なら続けてやっていけそうかある程度「イメージ」をして臨みたいところです。情報が多く出回るのこの時代、少し調べれば色んな情報が出てきます。

しかし初心者の場合は特にそうですが、実際に案件についてみないとその案件が自分に合っているのかどうかわからない部分が多いと思います

実は色んな案件がある

最初の印象として、軽貨物の仕事っていうと何が思い浮かびますか?恐らくまず最初に「宅配」が思い浮かぶと思います。私も何も知識が無い時は正にそうでした。しかし宅配以外にも本当色々な種類の案件があるんです。

私は7年半前に軽貨物で独立したのですが、その時に初めてやった案件は1食2~3,000円する「高級弁当」の配送でした。特に何も考えず、求人広告を見てこの案件で募集していたのでとりあえずやってみようって感じで始めました。
イメージでは仕出し弁当の配達みたいな忙しないイメージだったのですが、実際の仕事の内容は、高級弁当を都内各地にあるキッチンに集荷に行き、午前中を中心に関東1都3県に大体2~4件配達をして、配送が終わったら現地で終了という全く想像していなかった内容でした。

周りではこの案件が気楽でいいって言う人が多かったですが、私には合いませんでした。理由としては空き時間が多かったこと、何時にどこに行くか等、前日の夜までスケジュールが分からなかったこと、キッチンによっては独自のルールがあったりキッチンの応対の人に横柄な人が多かったことが主な理由です。(※これは私が感じた事であって、もちろん所属会社によってもまた違いますし、全てがこういう事ではありません。)
確かに仕事内容としては楽は楽なんですが、私には向いていなかったみたいです。まあこれは経験してみないと分からない事だったので、今ではやって良かったと思います。

逆に1日現場でもそこまで空き時間の無かったネットスーパーや、今みたいに仕事を組み合わせて自由に働けるスタイルの方が私には合っていたようです。

※ネットスーパーの案件の詳細が気になる方は「組み合わせを考える~ネットスーパー編~」で詳しい仕事内容やメリット、デメリットに触れています。

このように軽貨物の案件の中でも様々なスタイルがあり、人によって合う案件合わない案件がかなり顕著に出ると思います。

一例ではありますが、こんな性格の場合にこんな案件が合ってたりするのではないかと完全なる独断と偏見で考えてみました。


人と接するのが苦手

軽貨物事業を選ぶ際、運転がメインであまり人に会わないとイメージしている方も多いと思います。しかし対面で人に品物を渡したり、品物を受け取ったりと人と接する事が意外に多いです。

例で挙げると、「宅配」や「ネットスーパー」などはお客様はもちろんですが、社員ドライバーやお店の社員の方と接触する事が多く、さらに言うと仕事上のパートナーとしてコミュニケーションを上手く取らないといけません
そういう部分で人と接する事が苦手だと少しストレスを感じるかもしれません。
その他の業務でもやはり最低限の対面はあるので、全く人に会いたくないという方にはさすがに軽貨物事業以外の仕事をお勧めします

その中でも割と人に会わなくていい案件だと、鍵預かりでの納品がメインの仕事置き配が中心の仕事になります。ただ案件数は少なく、狙って取るのはなかなか難しいかもしれません。

忙しなく働きたくない

朝から晩まで拘束されて、忙しなく動き続けるのは体力的にちょっと・・・という方も多いと思います。時間にゆとりを持って仕事をしたいという方は、上に書いた「弁当の配送」や「スポット」でゆとりを持って稼働するといいかもしれません。

体力的にはかなりゆとりを持って臨めますが、案件によっては隙間時間が結構開いたりしてしまうので、その時間を上手く使うように考えないと稼ぐのはなかなか難しいです。

間に時間が空くのは嫌だ

逆に案件と案件の間が開いたり、納品までの時間にゆとりがあったりして時間を持て余すのが苦手な方、まさに私だったりするのですが、割と時間が開きにくい宅配系の仕事や、案件を隙間無く組み合わせた働き方が合っているのかなと思います。

ただどこかのタイミングでトラブルが起きると1日の時間の流れを戻すのがとてもしんどくなるので注意が必要です。

経験と発見

とまあ簡単に思いつくものを考えてみました。個人的な意見としては、開業して間もない方で委託会社に所属している内はひとまずやる前から好き嫌いせずに経験の為になるべく色々な仕事をやってみるといいと思います。自分が思っているものと違った仕事内容だったり、意外と自分に合った案件だったりと「新たな発見」があります。

これは私の例になりますが、夜中のルート配送をやった時がまさにそうでした。某市場近くの工場からの寿司ネタの配送で、生魚を扱うと聞いていたので車が魚臭くなりそうで嫌だなって思ったのですが、いざやってみると発砲スチロールに入っていて全然魚臭くなく、さらに運賃に対する労働時間も最初に聞いていた話よりかなり良かったので美味しい仕事でした。

もちろん逆パターンもありますが、自分が嫌だなと思っているものでも実際にやると全然違うなんて事も多々あります

いつも言っていますがもしも気になる案件が出てきたら、ひとまずやってみましょう。意外と新たな自分の一面を見つけられるかもしれないですよ。

読者登録

スポンサーリンク

読まれている記事

1

  ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して9年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配 ...

2

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して8年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配送で年間360 ...

3

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して8年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配送で2年稼働し ...

4

  ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。 軽貨物で独立して8年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバー ...

5

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して9年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバー ...

-軽貨物

© 2022 軽貨物時々自由人~y.aのブログ~