軽貨物

壁を乗り越える

スポンサーリンク

 

案件をこなしていくと、ある所で突然詰まったり違和感を感じることがあります。

突き詰めていく過程で壁を感じ、そこで心が折れてしまって諦めてしまうなんてことも多々あるのではないでしょうか。

私も最近新規案件がスタートし、今までほとんど経験したことが無いジャンル+歩合の案件ということもあって売上を立てるには数を配らなければならず、少し手間取っています。

以前ネットスーパーの案件に従事したばかりの頃も新規案件と同じ歩合の案件でした。ある程度稼ぐには相応の件数を回らなければならなかったのですが、その時にはある程度の件数をこなすのには越えなければいけない壁がありました。

今回新規案件を実際に体験してその頃のことを思い出したので今回記事にしてみました。もし未経験から始めてどうしても上手くいかない人や今現在の案件に壁を感じてる人に届いてくれると嬉しいです。

 

この記事で分かること

壁の種類

対処法

乗り越えると見えるもの

 

 

ある程度経験を重ねると必ずぶち当たる

自分の中で満足した売上を上げるためには壁を越えなければいけないのですが、それは一筋縄ではいかない高い壁で、そこで挫折してしまえばせっかく伸びていた成長もそのレベルで止まってしまいます。

私も今まで色んな案件をこなしてきましたが、形は違えどどの案件にも何かを得る為の高い壁が必ず存在しました。今回はその壁の乗り越える、突き破る方法を考えてみたいと思います。

壁の種類

軽貨物事業を続けていくと何種類かの高い壁が立ちはだかることがあります。今回は4点チョイスしてみましたので見ていきましょう。

・個数の壁

歩合の案件の場合持ち出した荷物を配達しないと売上にならないので、歩合の案件で売上をしっかり上げるにはその壁を超える必要があります。

その方法はまず沢山の荷物を素早く積むための「積み込みの段取り」や「お客さんの在宅時間の把握」、「担当エリアの地理」を覚えたり「配車係や社員ドライバーとのコミュニケーション」をしっかり取ったりするなどの方法があります。

あとは最悪の場合にヘルプしてくれるのであれば、自分がギリギリ配れるか配れないかの件数や個数を持って配達をこなすことです。

私がネットスーパー時代に実際にやった方法で、これを実践したことによってその件数をこなすために必要なこと現在の自分の力量が分かり、その日を境に飛躍的に配達件数が伸びました

楽勝で配れる件数をいくら続けていても成長スピードは遅いままです件数や個数を増やすためには必ずどこかで勝負に出る必要があります

・早さの壁

ただスピードを出して運転すれば早く終わるわけでは無く、ここも個数の壁と同じく積み込みのスピードや積み込んだ場所の把握、抜け道の知識やお客さんの特徴の把握など様々な要素が合致して配達のスピードが上がって行きます。

例えば荷物を100個持ち出した場合、もし1個の荷物の処理で平均30秒違ったら単純計算でトータル50分も変わってしまいます。1個で見ると大したことない数字に見えますが、1日を通して考えると物凄く大きい差になります。

もし一連の流れで壁を感じた場合、最初はまず早い人の真似をして、慣れてきたら配達時間を1秒でも縮める為に自分なりに上手くかみ砕いて流れに取り入れることが出来れば必ず次のステージへと進むことが出来ます。

・信頼の壁

これは主にスポット案件に言えることですが、相手からの信頼を得るにはこれといった近道は無く、地道に確実にミスなく案件をこなしていく必要があります

そして最初は絶対に案件の料金だけで良し悪しを判断しない様にしましょう。そこまで信頼関係の無い人間にいきなり条件のいい案件などはまず出してくれません。

この壁を越えて、太い信頼関係で結ばれたときに初めていい条件の案件や困っている仕事仲間を紹介してくれるようになります。

最初は越えるのに苦労しますが、越えてしまえばこっちの物です。歯を食いしばって乗り越えて行きましょう。

・売上の壁

以前書いた「未経験者が軽貨物で稼ぐには」でも案件別で触れています。

ただ漠然と働くのではなく、自分がどの案件に従事していていくら稼ぎたいのかがしっかり見えていればあとはこのブログの応用になるので、しっかり自分が目指す売上を決めてそれを逆算すれば自分が1日に稼ぐべき売上がいくらかが分かると思います。

その売上に向けて自分が何をすべきか、どう働くべきかをイメージしてそれを実践していければ売上を高く設定し過ぎない限り壁を越えることは可能です。

合わせて読む
【軽貨物】未経験者が軽貨物で稼ぐには~売上45万円への道~【未経験者必見】

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して8年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配送で2年稼働し ...

続きを見る

何事も上手くいくことばかりではない

当然ですが努力をしたからと言っても何事も上手くいくわけではありません。その時の選択肢は2個、やり続けるか諦めるかです。

正直その人に案件に合う案件合わない案件があるのは事実です。実際に稼働してみて何回やってもどうしても自分と合わずにストレスを溜める位なら手を引くのも1つの選択肢だと思います

ただ、やる前からキツそうだからとか難しそうだからって理由で挑戦をしないのは避けましょう。経験は壁を越えるときの立派な武器になります


押してダメなら引いてみる

ただ高い壁にチャレンジし続けるのではなく、どうしても越えられない場合は一旦立ち止まってゆっくり考えてみるのも一つの解決法です。

チャレンジし続けることももちろん大事なことなのですが、同じ景色を見続けていたり疲れが溜まっている場合は正常な判断や解決策がなかなか出てこない場合が多いです。

そうなった場合、自信を失ってしまい案件自体を諦めてしまうことになりかねないので注意が必要です。

まとめ

高い壁を乗り越えるための私なりの考えをまとめてみました。

自分の壁の種類を知る

全てが上手くいくわけではない

必ずチャレンジする

 

今はキツくても、突き詰めて行ったらもしかしたらそれが自分にピッタリ合った案件だったって可能性もあります。

案件をこなして行けば必ず壁にぶつかりますが、もしその案件で稼ぐと決めたなら覚悟を持ってその壁に挑んでいきましょう。

上にも書きましたが、結果はどうであれ、挑戦したことは今後同じ様な状況に遭遇した時に必ず一つの武器としてあなたの力になります。

失敗を恐れずに売上を上げる為に、そして経験値を得るために壁を恐れずにどんどん突き進んで頂ければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。ブログの読者登録も行っていますので、宜しければ是非登録をお願いします。

読者登録

スポンサーリンク

読まれている記事

1

  ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して9年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配 ...

2

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して8年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配送で年間360 ...

3

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して8年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配送で2年稼働し ...

4

  ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。 軽貨物で独立して8年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバー ...

5

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して9年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバー ...

-軽貨物

© 2022 軽貨物時々自由人~y.aのブログ~