案件 軽貨物

【定期】固定報酬の仕事を考える【時間チャーター】

スポンサーリンク

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。

軽貨物で独立して8年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバーです。

 

軽貨物事業をやっていく上で安定した収入は欠かせない物だったりします。その中でも定期案件だったり〇時間チャーターの案件だったり、固定報酬の案件ではあらかじめ契約時間や料金が決められていて、売上の計算も立てやすくなると思います。

 

ただその一方で、その案件に拘束されることによって稼働中はスポットや他の案件が出来なくなってしまうことも考えられます。

 

トータルで見て、定期案件やチャーターなど固定報酬の仕事は有りか無しかを考えていこうと思います。是非最後までご覧ください。

 

 

この記事で分かること

時間拘束案件は有りか無しか

メリット、デメリット

稼働したい時間

 

 

固定報酬の案件はお勧めできるか

未経験の方が稼働するならという視点で考えると、まず最初は固定収入の案件から始めたほうがいいかなと思います。理由は3つ、経験を得るため、収入を得るため、仲間を作るためです。

 

未経験から始める場合、軽貨物事業での経験が無くまっさらな状態からスタートします。基礎が全くない状態でいきなり応用案件をしてしまうと、トラブルやイレギュラーが起きた時に即座に対応出来ない可能性が出てきます。

 

そういう時のためにまず固定報酬の案件である程度計算できる収入を得ながら、軽貨物の基礎をしっかり学んでギグワークや組み合わせの仕事へとステップアップしたほうが個人的にはいいかなと思います。

 

案件によっては気の合う仲間も出来たりして、お互いに案件の共有なんかも出来るようになるかもしれません。

合わせて読む
仲間の存在

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。 軽貨物で独立して8年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバーです。 &nb ...

続きを見る

ある程度業務にも慣れて組み合わせた働き方をしたいと考えた時、今度は長時間拘束ではなく、ピーク時間をしっかり外して短時間で終わる案件を組み合わせることをお勧めします。もっと言ってしまえばその案件が終わりじまいの案件なら完璧です。

 

1日に稼働出来る時間はどうしても限られてしまいます。なのである程度計算できる収入を確保しつつ収入を増やそうと考えると、上手く案件をやりくりしていかなければいけません。ここを失敗すると稼働時間だけが伸びて売上が下がる可能性があります

 

特にスポットを組み合わせようと考える場合、時間の選び方はとても重要になってきます。

というのもスポット案件が出やすい時間を考えると本当の緊急便を除いて、午前中集荷の午前中納品や、前日積みの午前中(朝一)納品のパターンが結構多く、こう見るとスポット案件の場合は特に午前中の時間帯がキーポイントになってくる可能性が高いです。

 

もしスポット案件を組み合わせようと考えている場合、その時間に定期便で稼働してしまうと案件が取り辛くなり、プラスアルファの収入が少し難しくなってきてしまいます。

 

そういう場合組み合わせる案件を変えたり、稼働する固定報酬の案件を変えれば解消することなので、自分のやりたい案件を上手く組み合わせて案件を組むようにしましょう。

 

私が稼働したことがある固定報酬の案件

実際に私が組んだことがある固定報酬(定期案件)の一覧です。

短時間拘束案件(4時間以内に終了

佐川ナイト便夜間ルート配送(2種類)、早朝お弁当配送駅ナカ催事の和菓子配送

 

長時間拘束案件(8~10時間拘束案件)

ネットスーパーお弁当配送AmazonFT便ヤマトEC宅配

 

定期案件に関しては今は早朝のお弁当配送の案件でしか稼働していませんが、もし上手く組み合う短時間の案件が出たらとりあえず試す予定です。

定期案件にプラスして「スポット」や「単身引っ越し」、「AmazonFlex」や「Uber Eats 」そして「出前館」など色々な案件を組み込んで稼働しています。

 

もし気になる案件がありましたらそれぞれの案件の所に以前書いた記事のリンクを貼っていますので、そちらも組み合わせに向くかどうか参考にしてください。

出前館 配達パートナー募集

固定報酬のメリット、デメリット

次に固定報酬のメリット、デメリットを考えていきたいと思います。

・メリット

1:売上が計算できる

固定報酬なので、月に稼働した分の売上が入ってきます。しっかり売上を計算できる案件があるというのは、開業したばかりであればとても重要なことだと思います。

 

また、1日案件を探して全く取れなかったというダメージは無いので、精神的にもかなり余裕を持って臨めると思います

 

2:予定や案件を組み合わせやすい

短時間拘束の案件の場合、終わる時間が分かっているので次の案件を組みやすいです。

 

ピーク時間を上手く外した時間の固定報酬の案件を取れれば、より他の案件を組みやすくなります。

 

また固定報酬の案件をいくつか組み合わせて高いレベルで安定した売上を作り出したり、長時間拘束の案件でも案件の前後にフードデリバリーなどを組み合わせて、稼働出来る時間帯だけ稼働するなんてやり方も可能です。

 

実際に私は以前に夜間のルート配送にAMのみ稼働のお弁当配送の定期を組んだり、早朝のお弁当配送にネットスーパーを組み合わせたりと様々な働き方をしていました。

 

3:個数や件数を考えなくていい

長時間拘束の案件の話になりますが、固定報酬のネットスーパーや宅配系の案件の場合は他の案件との組み合わせを考えなくてもそこそこの売上にはなります。

 

上にも書きましたが、未経験から始める場合、まずは基礎を学ぶためにもこの働き方から始めて、経験と基礎を身に付けてから組み合わせる働き方に挑戦した方がより効率よく働くことが出来ると思います

 

私も実際にネットスーパーの案件に約4年間従事していて、軽貨物配送の基礎や経験をかなり学ぶことが出来て、実際にその経験が今にも生きています。

 

過去に宅配ネットスーパーの案件について書いた記事があるのでそちらも参考にして下さい。

合わせて読む
【花形】軽貨物と言えばやっぱり【宅配】

  ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。 軽貨物で独立して8年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバー ...

続きを見る

合わせて読む
組み合わせを考える ~ネットスーパー編~

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。 軽貨物で独立して9年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバーです。 &nb ...

続きを見る

 

・デメリット

1:時間を縛られる

ある程度決まった時間を拘束されるので、基本的には稼働時間内に他の予定や案件を組み込むことが出来ません

 

また、ピーク時間を外れた時間や自分が得意とするエリアから離れた場所で終了する案件の場合、スポットやフードデリバリーなどを次に繋げる難易度が上がります。

 

なので組み合わせた働き方を考えた場合、ある程度ピークから外した時間や安くても近場で終わる案件を中心に組んでいくと効率良く稼げるようになります

2:運賃設定が比較的安め

定期の仕事ではあるのですが、運賃設定はスポットなど突発的な仕事に比べてしまうと総じて安い傾向にあります。

 

一通り仕事を覚えた上で契約時間一杯に拘束される場合、時給換算で最低1,800円位が目安かなと思います。(10時間拘束で18,000円)それ以下だった場合、私なら請けません。

 

なので、もし固定報酬の案件を探している場合は、運賃の目安として短時間なら時間2,000円以上、長時間でも最低1,800円位になる案件を探しましょう。

3:長距離案件は難しい

スポットドライバーの醍醐味である長距離スポットが定期案件を取ることによりほぼ不可能になります。

 

一応デメリットの方に書きましたが、長距離案件も好き嫌いで分かれるので、メリット、デメリットについては人それぞれだと思います。

 

個人的な意見としては、確かに長距離案件の運賃は魅力的なのですが、長距離案件自体がなかなか出ないですし、余程のことが無い限りはスタートしてそんなに日が経っていないドライバーには長距離案件は回って来にくいのが現状です。

 

なので、いつ出るか分からない長距離案件より確実に売上を作れる固定報酬を優先したほうがいいと思います



固定報酬の仕事は様々

上にも書きましたが、固定報酬の案件は宅配系ネットスーパーの配送以外にも企業配ルート配送などがあり、またその中でも色々な種類の案件があります。

 

最初はどんな案件があるかのイメージが湧かないかもしれませんが、時間や内容を見て気になる案件であるならどんどんチャレンジしましょう。固定報酬の案件は結構人気があるので考えている内に募集が終わったなんてこともあります。

 

稼働時間や仕事内容に関しても、実際に稼働してみないと分からない部分が結構あるので、話だけ聞いて結論を出すのではなく、必ず実際に稼働して判断するようにしてください

 

その中で自分の働き方に合いそうなもの、上手く組み合いそうなものを探してみるといいと思います。

まとめ

この記事についてまとめてみました。

固定報酬の案件は大事

メリットの方が強い

組み合わせる場合は時間と場所をしっかり選ぶ

 

あると無いでは精神的な余裕が全然違う固定報酬の案件。もし話が出てきて少しでも興味を持ったら迷うことなくチャレンジしましょう

 

短時間拘束でも長時間拘束でも一つの考え方に縛られず、色々な案件を試して自分に合った働き方を見つけてください

 

最後までご覧いただきありがとうございました。ブログの「読者登録」も行っていますので、宜しければ是非登録をお願いします。

読者登録

スポンサーリンク

読まれている記事

1

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して9年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバー ...

2

  ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して9年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配 ...

3

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して8年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配送で年間360 ...

4

ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。   軽貨物で独立して8年目、過去にネットスーパーの配送で4年、365日稼働の夜間ルート配送で2年稼働し ...

5

  ブログをご覧いただきありがとうございます。y.a(@atomrise60)と申します。 軽貨物で独立して8年目、色々な仕事を組み合わせて自由気ままに生きているフリーランス軽貨物ドライバー ...

-案件, 軽貨物

© 2022 軽貨物時々自由人~y.aのブログ~